信用情報機関によるプロミスの審査の基準はどうなのか?

 

銀行でも消費者金融でもキャッシングやカードローンを利用する場合は申し込みの際に審査を行っています。審査をせずにお金を貸してくれるところはありません。申込んだお客様がちゃんと毎月の返済を守ってくれるかどうかを口約束だけではなく、返済できる環境があるかどうかをチェックするのが審査です。

 

消費者金融と銀行を比較すると、消費者金融のほうが審査に通りやすいと言われています。といっても消費者金融の審査が甘いという訳ではありません。しっかりとした審査の基準がありますので、落とされる人は半分はいるようです。

 

基本的には審査の基準がどうなっているのか、審査に落ちた理由などを教えてくれる金融業者はいません。基準はそれぞれ違います。ですが、基本的な部分では共通しています。2箇所ぐらいの金融業者に申込んでも落ちてしまっている方は同じ条件で申込んでいては今後も落ち続けるでしょう。

 

審査の基準で共通している部分とはどこでしょうか?
【身元が証明できる】

本人と確実に連絡を取れる電話番号があり、身元がはっきりして、必ず連絡が取れること。

【返済能力がある】

働いていて安定した収入があるという方は、勤務先に在籍していると証明できる書類を用意できれば問題なくカードローンが可能です。

【過去に金融機関とのトラブルがない】

過去に銀行やクレジットカード、または消費者金融などを含む金融機関に利用したことがある方で、JICCやCICなどの信用情報機関に過去の利用履歴が残っているので、その内容を見て審査されます。

 

返済が長期的に滞ったり、途中で返済を放棄していたり、または申込みだけ何社も同時期に行っていたとしても、利用履歴に残ってしまいます。消費者金融ではその信用情報機関で扱われている情報もふくめて審査に反映します。

 

実は、過去の履歴は金融業者だけではありません。信用情報機関で照会可能な情報は携帯電話の支払情報もあるんです。携帯電話の料金は通話料だけでなく機器本体の料金の分割払いが含まれます。ですので、月々の通話料金の支払いが遅れただけと軽く見ていると危険です。同時に分割払いの返済が遅れたということで、金融業者の返済が遅れたと同等の事故として信用情報機関に残ってしまうので気をつけましょう。