カードローンとキャッシングの違いとは?

 
カードローンとキャッシングはどう違うのでしょうか?

消費者金融や銀行などでよく耳にするのがカードローン、もしくはキャッシングですが、目的はお金を借りるということで同じなはず。
ではその違いについて紹介します。

 

消費者金融というとキャッシング。
昔からお金を借りるということで使われてきた言葉としてはキャッシングがまずイメージされる。
しかし最近では消費者金融でもカードローンという言葉を使っている。
実際にプロミスの店舗に行くと、プロミスカードローンと表記されていて、プロミスキャッシングとは表記されていない。
またCMでも、アコムのキャッシング、という言葉をよく耳にした記憶はあるが、最近ではアコムのカードローンと言っている。

 

では、どちらでも良いのか?

 

基本的にはどちらでも良いが、以前の消費者金融のイメージを払拭するためにキャッシングからカードローンに変更しているというのが大凡の理由なのではないか。

 

銀行で扱っているのはほとんどカードローン。ではどこもキャッシングという言葉は使っていないのか。
クレジットカードで使っている。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がある。
ここで使うキャッシング枠はカードローンとは言わない。
つまりキャッシングとはお金を借りることであって、カードローンとは商品名である場合が多いとなる。

 

 

利用方法によって分けることは可能だ。

まずは【キャッシング】

消費者金融では少額の融資を利用する方は多い。少額の借入れとなると、返済も一括の場合や短期間の分割となる。
それをキャッシングと呼ぶことも多い。一括返済、または短期返済の場合は利息もそう多く付くことはない。

 

 

対して【カードローン】

消費者金融でも銀行でもカードローンというと高額融資で長期返済の事を呼ぶ場合がある。
高額の借入れなので、返済期間は長くなる。それだけ利息が加わってくる。

 

消費者金融は以前と比べてイメージが良くなったのは事実。
その理由は、ライトな感覚で利用する人が増えたからだ。
例えば、月々の収入に問題は無いが、ちょっと急な出費のために来月まで影響するので、一時的にお金を借りて次の給料日には返すと言った利用方法が多くなってきている。
少額の借入れで、すぐに返済。これだけの事だけど、できれば誰にも知られたくないという場合に消費者金融はとても助かる存在だ。
周囲に知られないで、借りて、すぐに返す。高額で長期返済でない限り、利息はほとんど気にしないでも良い額なのは確かだ。

 

この利用方法が「キャッシング」として主流になりつつある。
「キャッシング=借金」というイメージはもう古いものになっているようだ。