クレジットカードとキャッシングのリボ払いの違いは何?

 

クレジットカードのショッピングの支払いの最近の傾向は、従来からあった分割払いでなく月々の支払額が一定となるリボ払いになりつつあります。

これは、新たにショッピングの分割払いを追加しても、通常なら返済額が増えていく状態に対して、月々の支払いは変わらない設定にして、毎月の返済額の負担を増やさない方法として近年人気があります。

キャッシングも同様にリボ払い方式が主流となっています。

 

クレジットカードとキャッシングのリボ払いの違いは何でしょうか。

 

クレジットカードのリボ払いは毎月の返済額が変わらないリボ払い方式になっています。

 

クレジットカードで100万円のショッピングリボ払い(リボ払い手数料15.0%)をして、月々26,000円のリボ払い設定をしていれば、26,000円ずつずっと返済を続けていくことになります。

 

対してキャッシングのリボ払いは残高に応じて返済額が変わる残高スライドリボ払い方式を採用しているところが大半です。

 

キャッシングの残高スライドリボ払い方式とは、100万円を借りて返済をしていき、90万円の残高を切ったら月々の返済額が減っていく仕組みになっています。

 

返済額が減って、月々の生活に余裕は生まれるかもしれませんが、残高が減ると返済額も減ると行った方式では返済期間は長期化します。

 

結果的に支払い利息の総額が膨らみ、キャッシング会社が有利になってしまう契約になっているのです。

 

クレジットカードでも残高スライド方式を採用しているカードはあります。

 

残高スライド方式を採用しているクレジットカードやキャッシング会社から借りるときは、月々の最低額を入金したり、引き落としされるままにしておいたりするだけでは足りません。

 

余裕があったらドンドン繰り上げ返済を行う様にしなければ、支払利息が膨らむという事に気を付けてください。