クレヒスが無いスーパーホワイトはなぜカードローン審査に通りにくい?

 
クレジットヒストリーに履歴のないスーパーホワイトについて

今までカードローンやクレジットカードと言った金融関係において、借入や契約などをしたことがない、つまり信用情報にそういった事実の記載がないという方をスーパーホワイトと一部では呼びます。

 

クレジットカードや消費者金融、または様々なローンなどを利用したことがない方は履歴がありませんので真っ白な状態と言えます。ただ履歴がないことでどんな利用の癖があるのか測りかねるので、信頼度としては高くはないです。

 

また逆に、スーパーホワイトは「何らかの事情でカードローンの審査に通らなかったのではないか」つまり自己破産や滞納、債務整理などの経歴があったり本人の経済状況や仕事の状況などに問題があり契約を結ぶことができなかったのではないかと判断され、カードローンの審査に通りにくいのではないかと言われています。

 

ただこれはあくまでも一説であり、実際のとこはどうなってるのかは外部に公開されていないのでわかりません。

 

カードローンの審査では確かに信用情報なども重要視されますが現在の仕事や収入の状況なども重要視されます。

 

住宅ローンなどであればまた話は別になってきますが、小額の借入が多いカードローンであればスーパーホワイトであったとしても経済状況が安定していれば利用できるのではないかという人もいます。

 

結局のところ実際はどうなっているか分かりませんが、「過去の金融履歴が全く無い状態だと審査に落ちるかもしれない」「スーパーホワイトは借り入れがしにくい可能性がある」と言ったことを知っていたとしても、今更対応策などないので頭の片隅に置いとくとよい程度のことではあります。

 

それよりもマイナス要因である滞納履歴などのほうが大きな問題になるのは確かですし、確実に新規借り入れに影響が出ることが予想されます。

 

クレジットヒストリーに関してはどの金融業者や企業がチェックするかわかりません。いつか車をローンで購入する際や住宅ローンも考えられるでしょう。

 

クレヒス、いわゆるクレジットヒストリーはできるだけ傷つけないように、返済はしっかり丁寧に。