カードローンで発生する代位弁済は一体どういう内容なの?

 

銀行カードローンでよく聞く代位弁済という内容についてご存知ですか。

 

あまり聞き慣れないと思いますし、借金のない方には今後も縁のない言葉だと思いますが、借金が今後も軽くならないような方は事前に知っておくと良いかもしれません。

 

日常生活ではあまり使わない代位弁済について解説します。

 

・代位弁済とはあなたの借金を保証会社が代わりに弁済してくれる事

銀行カードローンの契約では、必ず保証会社とも契約を行なっています。

 

保証会社はあなたとの返済契約が滞った時、あなたの代わりに代位弁済で銀行に一括返済をしてくれます。

 

・代位弁済で借金が無くなるわけではない

代位弁済してくれるなんて、ラッキーと思ってはいけません。

 

代位弁済をしても、債務が銀行からの保証会社に移るだけで、今後は保証会社と契約を結びなおして返済をしなければいけません。

 

・代位弁済を受けるとブラックリスト入り

代位弁済を受けた場合、信用情報機関にあなたの契約は代位弁済で解消されたと記録されます。

 

こうなってしまうとこの情報はブラックリスト案件として情報履歴に残りることになります。

 

5年間保存されますので、その間カードは順次廃止されていくことになります。5年間は新しく契約をすることはできないようになります。

 

・代位弁済を受ける滞納期間は

代位弁済はどの節目で行われるのかというと、通常ブラックリスト入りする2?3ヶ月を目処と言われています。

 

ただ、電話を無視する、毎月延滞しているなど悪質な人の場合は1ヶ月経たずに代位弁済に移られた例もあるので、アテにはなりません。

 

契約上は1日でも延滞したら、契約解除が行われ代位弁済を受けてもいい契約になっています。

 

返済遅延をしたら、早めに連絡して直ぐに遅延を解消しましょう。

 

銀行カードローンは消費者金融と違い、あなたから回収するより代位弁済を受けた方が簡単に回収できます。

 

真摯に対応をしていないと、直ぐに代位弁済を受けて多重債務者に陥ってしまうでしょう。