カードローンの借り換えデメリットはどんな事が考えられるのか?

 

増えすぎた借金を整理して返済しやすくするのが借り換えの目的のひとつでもあります。

 

この場合の増えすぎる借金というのは、一箇所から借りている借金の金額が増えるということではなく、複数の金融業者からの借入れが増えるということです。ひとつの金融業者だけでは借入可能な金額には限界があります。ですので他にカードローンができるところを探して新たに借り入れを行っていくのです。増えすぎた借金を整理してひとつにまとめて返済しやすくする方法のひとつです。

 

しかし、借り換えは常にメリットばかりではありません。借り換えを行うことで当初の目的である借金の整理が上手く行なわれなくなる場合も生じてきます。

 

カードローンの借り換えに関してのデメリットについて解説します。

 

・借入金額が増やせる為、負担する額が増える

例えば消費者金融3社から150万円借りている人が銀行カードローンで全額借り換えた場合について考えてみましょう。

 

借金は銀行カードローンに纏められましたが、消費者金融の限度額はそのままの状態で直ぐに借り直すことができます。

 

人間は意思が弱いもので、借りる事が出来ると浪費を繰り返し、

 

カードの限度額まで使ってしまう事もあります。

 

同様に月々の支払い額が減るので、まだ借りても大丈夫と思い、追加借入をしてしまうケースも考えられます。

 

最終的に元の借金より増えてしまってはデメリットにしかなりません。

 

・借入期間が長期化する

借り換えデメリットとして、借り換えで月々の最低返済額が減り、借入期間が長期化するといったケースが考えられます。

 

月々の返済額が減ると言うことは、元本返済も当然減ります。

 

借入期間を長期化してしまうと、結局支払う総支払い利息は大きくなっていきます。

 

総支払い利息が膨らんではデメリットにしかなりませんので、繰り上げ返済を行うなど元本返済を早める様にしましょう。

 

借り換えデメリットに注意しながら、適切な返済を続ければ、借り換えは完済に近づきます。

 

自分を律しつつうまく利用してください。