カードローンを申し込みしたら借り入れ限度額はどうやって決まるの?

 

カードローンの申し込みをしたら、借入限度額がどのように決定されるのか、そのプロセスは気になるところだと思います。

 

出来るだけ高額の借入れを希望したくてもそれでは審査に通らないかもしれないジレンマがあるかもしれません。審査が不安で逆に低く見積もっても実は審査結果で思っている以上に借りれるかもしれません。

 

カードローンの借入限度額が決定されるプロセスについて解説します。

 

・初めての顧客は年収の2分の1〜3分の1くらいを目安に設定

銀行カードローンの場合、総量規制は関係ありませんが過剰融資を防ぐため、銀行側においてある程度の目安となる設定額を用意しているようです。

 

具体的には総量規制に近い、年収の2分の1〜3分の1以下の範囲になるように、初回貸付限度額を抑えるようになっています。

 

年収600万円の人であれば、200〜300万円くらいが初回の設定額の上限になるようです。

 

限度額の上限が500万円や1000万円と喧伝されていても、実際の初回限度額は年収に沿った金額に設定しなおされます。

 

・年収のごまかしは難しい

初回設定額を大きくするために、年収をごまかしてはと思うかもしれませんが、年収のごまかしはあまり有効ではありません。

 

というのも、銀行などの金融機関は給与データを多く持っており、企業の規模、役職、年齢で年収の予測値を把握しています。

 

年収300万円の人が年収1000万円と申告しても、ちょっとおかしいぞと感じ取られ年収証明を請求される事により嘘申告がバレてしまうでしょう。

 

年収のごまかしは年収証明を求められなくても、行わないようにして下さい。

 

限度額は結局のところ年収や勤続年数など仕事の安定性で決定されていきます。

 

他からの借入があると、もちろん初回の限度額はその分低く設定されます。他社からの借入れもごまかすことはできません。信用情報機関にデータが全て記録されているので正直に申告するしか無いでしょう。

 

限度額を上げる為には普段から信用力を高めるように努力するのが良いでしょう。増額を最初から望むことはできませんが、借入れ・返済などしっかりと利用していくことで増額の話はいずれくるでしょう。