プロミスの支払日変更は可能なのでしょうか?

 

プロミスを利用していて毎月の支払日が気になる、使い勝手が悪いと感じている人がいるかもしれません。

 

なかには支払日までお金の工面が間に合わないとので支払日変更を考えている人もいるのではないでしょうか。返済日は最初の契約時にプロミスの担当者と決めることですが、お金を借りることで精一杯で返済のことはあまり考えていないためこういう事が起こる場合があります。これは多くの利用者に言えることですが、プロミスをはじめ多くの消費者金融はお金を貸す事よりも返してもらうことの方を重要視しています。

 

ではプロミスの支払日変更について解説します。

・プロミスの支払日変更は可能

プロミスの支払日変更はwebサービス、自動契約機、店頭窓口、郵送で行う事が可能です。

 

一番手間がかからないのはwebサービスですから、webサービスから変更の手続きを行うといいでしょう。

・支払日延長を受けてくれた場合、遅延損害金は?

変更の依頼を行なって、プロミスが支払日変更の依頼を受けいれた場合、支払日が伸びる事になります。

 

当然最初の支払日は破棄されていますので、新しく設定された支払日まで遅延損害金は発生しません。

 

ただし、延滞を何度かしているなど利用実態が悪いと、支払日変更そのものを受け付けてくれない判断になる場合があります。

 

支払日変更が出来たとしても数日の事ですから、最初からコールセンターに支払いを待って欲しいとお願いしてもいいかもしれません。

 

支払日に遅れてしまうと、信用情報機関に記録され、他のカードローンの審査に影響を及ぼします。

 

支払日に間に合いそうにない事態なら早めにコールセンターに連絡する様にしましょう。

 

数日間であれば、信用情報機関の情報に書き込むのを待ってくれる事があります。

 

信用情報機関に情報が記録されてしまうと、場合によっては5年間消えない黒情報になってしまいます。

 

コールセンターの担当者に相談することで、様々な問題を回避することができるのは大手消費者金融ならではないでしょうか。