カードローンの返済方法、実は様々な種類があった!

 

カードローンの支払い方法、昔ながらの何回払いといったものだけではありません。

 

カードローンの返済方法について解説します。

・カードローンの返済方法は大別すると2種類

カードローンの返済方法は2種類に分けられます。

 

1つ目は元利均等返済方式を代表する、元本返済と支払い利息を合わせた支払額が毎月変わらない方式です。

 

24回払いなど返済期間が決まっており、明瞭でわかりやすいといった特徴があります。

 

追加借入を行いたいときは再び審査を受け、繰り上げ返済時も手数料が取られるなど自由度的には低い返済方式です。

 

2つ目は毎月の返済額が借入残高によって変わっていく残高スライド方式です。

 

残高スライド方式の正式名称は残高スライド元利均等(定率)リボリビング方式となり、毎月の支払い額を自分で決める事が出来るリボ払い方式の亜種です。

 

残高スライド方式は金融機関側が最低返済額を設定していて、その金額以上の返済をおこなっていきます。

 

繰上げ返済も簡単で、追加借入も容易に出来る自由度の高い返済方式ですが、返済期間は定められていなく、最低返済額は低く設定されていますので支払い期間が長期化する恐れもある返済方式です。

・カードローンの主流は残高スライド方式、元利均等返済方式はおまとめローンなどで採用

現在のカードローン返済方式は残高スライド方式またはその亜種が主流です。

 

これは残高スライド方式の方が返済期間は長期化して企業として収益が上がる、再審査の手間が少なくなるなど金融機関にとって都合がいい事ばかりだからです。

 

元利均等返済方式は採用していないのかと言うと、おまとめローンなどの借り換えではこの方式が採用されています。

 

おまとめローンは返済専用のローンですので、追加借り入れを想定していないため、この方式になっています。

 

カードローンの返済種類は把握していないと、借入後に思わぬ不都合な事態になる場合があります。後で知らなかったと後悔する方もいるようです。

 

申込の前に必ずチェックする様にしてください。