プロミスの返済が遅れそうな時の正しい対処方法とは?

 

どうしても返済の支払いに間に合わない場合や返済のお金が足りない場合があります。

 

基本的には消費者金融の返済は決して送らせてはいけませんが、うっかり返済日を忘れてしまい、プロミスの返済が遅れそうになってどうすればいいのかパニックになる事もあるのではないでしょうか。

 

プロミスの返済が遅れそうなときの対処方法となんとか収まる言い訳をお教えします。

 

プロミスの返済が遅れそうなときはコールセンターに電話

プロミスは返済が遅れそうな人のための専用ダイヤルを用意しています。

 

どうしても返済日にお金が間に合わない様であれば、まずはコールセンターに連絡するといいでしょう。

 

プロミスの場合14日間程度の短い遅れであれば、自動音声やメールサービスといった機能で遅れる旨を知らせる事も出来ます。

 

最も良くない方法は、何も連絡しない事です。さらに良くない事はプロミスからの連絡をスルーしてしまう事です。これは最悪です。何度もやっていると信用情報機関の履歴に残ってしまいます。しかも5年間は消えません。

 

返済日を放置しないで、プロミスの返済が遅れそうなときは必ず連絡するようにして下さい。

 

プロミスの返済日が遅れそうなときの納得してもらえる良い言い訳は?

返済日に遅れるという事は、本来社会人としてやってはいけない行為です。

 

お金の貸し借りは信用の上に成り立っている行為です。お金を借りたら、契約時に決められた条件を守って返済を進めていくことは絶対に守っていかねければなりません。

 

ですから、実は言い訳は余り意味がないので、行わなくてもよいのです。

 

返済日にお金が足りなくなった理由は、正直に「クレジットカードをうっかり使いすぎてしまった」などの理由で構いませんので、伝えるようにしましょう。

 

それよりも重要なのは、『いつまで』『どのようにして』返済できるかです。

 

給料日が1週間後にある人は2週間たったらちゃんと返済できますよと伝えるようにしましょう。

 

給料日に関しても、あらかじめ伝えていると思うので、プロミス側も把握しているでしょうから、納得してくれます。

 

返済日に遅れそうなときは必ず連絡をして、正直に話すようにして下さい。

 

何より重要なのは確実に連絡を取る事、そしていつまでに返済して問題を解消できるかです。

 

連絡をしなかったり、下手な言い訳をしたりするといい加減な人間と思われますので絶対に行わないようにしましょう。