自動審査の具体的な内容とは?カードローン審査の仕組みを詳しく!

 
自動審査と言う言葉をご存知でしょうか。

カードローンに申し込むと自動審査が行われます。

 

この自動審査は最も重要な審査になっています。最近では審査にかかる時間がとても短縮されています。インターネットでのやり取りというのもその時間短縮の大きな要因ですが、必要なデータを入力して瞬時に審査結果を出してくれる自動審査もまたスピーディに一役かっています。

 

自動審査の具体的な内容と、カードローン審査の仕組みを詳しく解説します。

 

自動審査の具体的内容

自動審査とはスコアリング審査とも呼ばれ、申込の内容を点数化して合否を決める審査です。

 

申し込みの際に、

○年収
○勤務先
○雇用形態
○勤続年数
○居住液体
○居住年数

を申告していると思います。

 

この申告内容を点数化し、一定値以下の人は審査不合格となるのが自動審査です。

 

カードローン審査の仕組みは自動審査と人が確認

カードローン審査の仕組みは自動審査でまず点数化し、自動審査に合格したら本審査に移ります。

 

本審査では再び年収などの細かい項目はちぇっくせず、勤務先の確認や信用情報機関の確認など「入力した内容に誤りや怪しい点がないか確認」を行う作業になります。

 

自動審査を通過しても、その後の審査に通過しない事も稀にあります。

自動審査はこのように年収や雇用形態など、貴方がお金を返せるかの信用力を計るものです。

 

自動審査に通過しているのに、その後本審査で落ちると言ったケースは通常ではあまりありませんが稀にあります。

 

本審査で落ちた場合は、信用情報機関に悪い情報が記録されていた等よからぬ事態が起こっている可能性がありますので、原因究明を行ったほうがよいのではないでしょうか。

 

信用情報機関のご自身の履歴情報は手数料1000円で受け取ることが出来ます。キャッシングやクレジットカード、または携帯電話の支払い履歴に問題がないかどうかを確かめることができます。

 

自動審査と審査の仕組みを正しく理解して、上手く審査に通過してください。