プロミスで借入履歴があると住宅ローンが組めないって本当でしょうか?

 

住宅ローンを組む時、プロミスなどの消費者金融から借入履歴があると組めないと言った話しをよく聞きます。

 

プロミスなどの消費者金融から借入履歴がある時の住宅ローンの通過可否について解説します。

 

・基本的にはマイナス材料

プロミスを問わず、消費者金融からの借入履歴がある場合において住宅ローン審査ではマイナスに作用します。

 

消費者金融から借り入れている人は、お金に余裕が無い・浪費家と言った印象にとられ、住宅ローンのスコアリング審査でマイナスに査定されます。

 

延滞をしていた事がある場合などは、更に住宅ローン審査は難航してしまいますので、延滞は常日頃から行ってはいけません。

 

・完済していたら影響は少ない

消費者金融からの借入れの履歴に関してはすでに完済しているかどうかで大きく変わってきます。

 

特に完済してから5年経っていれば履歴の保存期間が過ぎてしまっているので、借入履歴は無くなります。

 

住宅ローン審査の前に完済を行う様にすることが審査通過のコツと言えるでしょう。

 

・借りるならプロミスがいい

プロミスは消費者金融の中でも大手でありリピーターも多く安心して利用できる消費者金融とされています。

 

同じ金額の借入履歴でも中小消費者金融から借りるより、プロミスから借りた方が住宅ローン審査への影響は少ないとされています。

 

借りるならプロミスのようなブランド力のある消費者金融から借りましょう。

 

プロミスから昔借りていて、完済しているのなら住宅ローン審査の前にカードの解約を行う事も有効です。

 

住宅ローン審査は人生において大きなイベントですから、万全の体制で臨む様にしてください。