カードローンの借り換えと総量規制の仕組み

 

カードローンの借り換えには必ず総量規制が付きまといます。

 

総量規制の仕組みをキチンと理解すれば、カードローンの借り換えもスムーズにいくでしょう。

 

貸金業法のひとつですので、知っておくと何かと便利です。

 

カードローンの借り換えと総量規制の仕組みについて解説します。

 

・カードローンの借り換えと総量規制の関係

総量規制は貸金業者に限定されている法律です。

 

貸金業者は消費者金融、クレジットカード会社からのキャッシング(現金を借りる)で、銀行は総量規制と関係ありません。

 

カードローンの借り換えを行う時、銀行カードローンなら総量規制を気にせず借り換えを行う事が可能です。

 

消費者金融の場合は、総量規制に縛られていますから「総量規制の例外」を利用した借り換えを行う必要がある訳です。

 

・総量規制は関係なくても銀行カードローンの審査は厳しい

銀行は総量規制に関係なくても、審査で借金が多い人は中々通過しません。

 

法律ではセーフでも、顧客の与信管理の観点から銀行は高い質を求めるわけです。

 

消費者金融の借り換えは比較的スムーズにいきますので、消費者金融で借り換える事も一つの手段です。

 

・総量規制は年収の3分の1、例外を利用すると?

借り換えの際に顧客に有利になる上限で契約できるのであれば、「総量規制の例外」を利用する事が出来ます。

 

総称規制では年収の3分の1を超える貸付を禁じられていますが、例外を利用すると無制限で貸し付けを行う事が可能です。

 

複数社の借入をまとめて、金利の節約ができますので利用してみるといいでしょう。

 

総量規制と借り換えは切っても切れない関係です。

 

カードローンの借り換えを行いたいときは、総量規制に気を付けながら行ってみてください。