携帯電話料金の滞納、キャッシング審査で重要視されるその理由とは?

 

携帯電話料金を滞納していたら、キャッシング審査に通過しないといった話しを聞いた事がある人は多いのではないでしょうか。

 

携帯電話は通話料。その通話料の支払いが遅れてしまったら通話が出来なくなる以外に、どんな困ることがある?

 

携帯電話料金の滞納がキャッシング審査で重要視される理由について解説します。

 

・携帯電話料金の滞納はクレジットカードの滞納

大学生の方で携帯電話料金を滞納している人は少なくないと言われています。

 

最近の携帯電話はスマホが主流になり、機種代金が高額になっており、月々の携帯電話料金に本体価格を上乗せして分割払いをする契約が増えています。実質ゼロ円という携帯電話の契約は分割でのローンということになります。最初に支払うべき料金がゼロ円ということになり、その代り月々の請求が通話料以外に多くなってしまうというものです。

 

機種代金を分割する際に信販契約を結んでいますので、携帯電話料金の滞納が発生した場合はクレジットカードの支払い滞納と同じ金融事故となります。

 

キャッシング審査で携帯電話料金の滞納が重要視されるというよりも、事故を起こした人との金融取引を多くの会社で断っている事が要因となります。

 

ちなみに携帯電話の契約の際に軽く審査はありますが、身分証明が出来れば問題ない範囲の審査になります。しかし最近のスマートフォンはiPhoneXなど10万円を超える高額の商品になってきているので、場合によっては審査に通ることが出来なくて契約ができないということもあるようです。

 

・住宅ローン等の審査でも足を引っ張る

金融事故はいつ消えるのかというと、消費者金融からのキャッシング・銀行取引のどちらの場合でも最低5年間消えません。

 

住宅ローンの審査は銀行との取引ですので、その間は住宅ローン審査だけでなく教育ローンや目的ローンなど全ての銀行とのローン審査に通らなくなります。

 

携帯電話料金は滞納しても、2ヶ月くらいは電話を止められることはないとされていますが、携帯電話料金滞納と機種代金分割払いの滞納は別物です。

 

滞納を行うときっちりブラックリストいりしますので、滞納は行わないようにしましょう。