プロミス、金利の引き下げ方とは?簡単に自分で交渉できる方法

 

プロミスでは金利引き下げの申込みは基本できませんが、優良顧客と認められると会社から金利引き下げが可能性があるという口コミなどは存在します。

 

またプロミスのカードローンは基本限度額と利息が紐づけされています。

 

ですから自分から申し込みを行いたい場合、限度額の引き上げと言う形で利息を下げることが可能です。

 

この限度額の引き上げはwebサイトのマイページに専用のフォームがあるので申し込み自体は非常に簡単に行うことができます。

 

ただし申込みは簡単と言っても、確実に限度額の引き上げが行われるわけではないので注意が必要です。

 

限度額の引き上げを申し込んだ場合、初回申し込みと同じような審査が行われ限度額と利息の決定が行われます。利用しているということは一度は審査を受けているということなので、すぐに申し込みを行っても限度額があがることなど無いわけです。

 

限度額が上がる可能性が高いのは一定の利用を滞納などなく続け優良顧客、もしくは信用があると判断された場合なので、申し込み当初から限度額の引き上げを狙うのではなく半年など一定期間利用したあとに申し込みを行いましょう。

 

また、総額の審査に関して、限度額を50万円以上に引き上げる場合は審査に「種入証明書類」が必要になります。最初の申込みの際(50万円以下)では必要なかった収入証明書ですが、増額のタイミングで必要になる場合があります。また状況によっては勤務先への在籍確認の電話連絡も可能性はあります。

 

当然ですが、限度額引き上げの申し込みの審査の結果不適当と判断された限度額は維持ということになります。最初の申込みから勤務先や収入事情など変更が無いという前提で審査を行います。

 

しかし、再審査ということですので、転職や辞職をしていたり、他社からの借り入れが増えていたりすることがわかると収入が変わるということですので審査状況が変わってきます。勤務先情報の変更についてはすぐに消費者金融側に伝えるべきです。

 

もちろん、今までの利用履歴や返済状況に問題があると判断された場合、最悪の場合は限度額の引き下げや契約の停止が行われる可能性もあります。