消費者金融で借金している事実は興信所での調査で分かる?

 

家族や結婚相手などに内緒で借金している場合、興信所の調査で分からないか不安に感じることはありませんか。

 

興信所の中には借金調査を行っている場合があり、消費者金融から借金している事実が知られてしまうことがあります。

 

最近のイメージではプロミスやアコムなどCMでも街の広告でも多く見られるようになりイメージも悪くはないですが、やはり借金には変わりないので昔のイメージを持っていらっしゃる方にはマイナスに捉えられてしまいます。

 

●本来なら借金調査は難しい

消費者金融でキャッシングをすると確実に信用情報の履歴に残ります。

 

いつ申し込みしたのか、幾ら借りたのか、追加で幾ら借りたのか、返済状況はどうなっているのか、返済の遅れはないか等、信用情報を見れば分かります。

 

しかし信用情報に照会がかけられるのは消費者金融や信販、クレジット、銀行などの加盟会社と、本人のみです。

 

借金調査を行っている興信所では信用情報を見ることができません。

 

借金した本人であれば信用情報機関に開示請求すれば見ることが可能ですが、家族も含め他人が開示請求することはできない仕組みになっています。

 

もし不正に信用情報を取得しようとすると貸金業法違反に問われてしまいます。

 

興信所が消費者金融に頼んで信用情報に照会をかけて貰うことも本来の利用目的とは違うために行ってはいけません。

 

消費者金融から届いた郵便物を調査すれば分かりますが、他人が勝手に開封すると信書開封罪に問われることがあります。

 

そのため郵便物を開封して調べることも難しいのです。

 

●行動の監視で調べ上げる

借金の事実が疑わしい者の行動を尾行や追跡などで監視し、調べ上げるという調査方法があります。

 

消費者金融の店頭に入るところを撮影する、捨てたゴミの中に明細書などがあるかどうか調べ上げるなどで証拠を集めるのです。

 

●消費者金融の社員から情報提供を受けている

中には借金調査の依頼があると消費者金融の社員から情報を提供して貰い、借金の事実を調べ上げる興信所が存在すると言われています。

 

顧客に関する情報を社員が流してはいけませんが、興信所から金銭を貰えるために流していると言うのです。

 

しかしこのような調査方法は危険な行為と言えるでしょう。

 

とはいえ、借金の情報は完全に守られるという保証はありません。興信所もプロでス。どこからか情報が漏れることになり、いずれ知られることになります。

 

借金をするならば、それらも覚悟でするしかないでしょう。