カードローンの繰り上げ返済のコツとタイミングはある?

 

カードローンの繰り上げ返済のコツとタイミングをご存知ですか。

 

通常の返済でしたら毎月決まっている金額を支払いしていけば問題ありませんが、繰り上げ返済をすることで得をすることは実はあまり知られていません。

 

実は繰り上げ返済のコツとタイミングが分かれば、支払う利息を大幅に節約できます。

 

カードローンの繰り上げ返済のタイミングについて解説します。

 

コツその1).カードローンを借りたらすぐに繰り上げ返済

カードローンを計画的に返そうと思っていませんか?もちろん最初の予定通り完済に向けて月々遅れることなく支払いをしていくのはとても大事なことです。

 

ですが、カードローンを申し込む時にはギリギリの生活でも、少し時間が経過すると余裕が出てくることもあります。

 

余裕が出てきたら、カードローンの返済はそのままに、お金を貯金に回しますか?それともできるだけ返済に回しますか?

 

カードローンは借入期間が長くなるほど、支払う利息が多くなります。

 

契約当初は、お金を借りることに必死で、トータルでどれくらいの利息を余計に支払わされるのかを考えていません。余裕が出てきてはじめて考えられることなんです。

 

お金に余裕が出来たら、すぐに繰り上げ返済するくらいで丁度いいのです。

 

コツその2).繰り上げ返済は無理する

生活に余裕が出来ない内は、繰り上げ返済は我慢と思ってはいけません。

 

借金は余裕がないから借りたのであって、返済額ができたぶん余裕が生まれることは永遠にありません。

 

お昼ごはんをランチからカップラーメンにする、コーヒーを自前のお茶にする、タバコ酒はやめる、付き合いは一切行かないなど無理をして繰り上げ返済をするくらいで丁度良くなります。

コツその3).貯金は全て繰り上げ返済に

定期預金が崩せないので繰り上げ返済をしない人とかいます。

 

カードローンの一般的な金利は15%、定期預金はほとんどゼロです。

 

預金がある人は全て繰り上げ返済に回したほうが、金利が発生しなくなり得になります。

 

貯金が無くなると不安と感じるかもしれませんが、繰り上げ返済をすれば、また借りる余力が増えますので影響はしないものです。

 

貯金がある事を選ぶより、まずは借金を減らすことを優先することをおすすめします。それだけ利息には気をつけるべきでしょう。

 

コツを実行し、繰り上げ返済をして早めに完済を目指してください。

 

どんなに借金が多くても、長くても3年くらいで完済を目指すことが重要です。

 

1日でも早くカードローンと手を切りましょう。