ローン保証会社・信用保証協会における代位弁済について

 

消費者金融は知っていてもローン保証会社や信用保証協会まではご存知ないと思います。

 

しかし実はトラブルになった時にとても関わってくる事になってきます。それはカードローンの契約で代位弁済がとても重要になってくるからです。

 

ローン保証会社・信用保証協会と合わせて、代位弁済についてわかりやすく解説しましょう。

 

・ローン保証会社・信用保証協会とは?

最初にローン保証会社・信用保証協会について解説しましょう。

 

ローン保証会社は、契約者が支払い不能に陥った時、契約者に代わって債務を保証してくれる民間会社のことを言います。

 

消費者金融のプロミスは銀行カードローンの保証を行なっており、消費者金融でありながらローン保証会社とも言えるでしょう。

 

それに対して、信用保証協会は主に中小企業がお金を借りる時、保証をしてくれる機関です。

 

保証人など用意できない中小企業の借入者も、信用保証協会によって融資ができるようになります。

 

・代位弁済とは?

代位弁済とは、ローンの支払いが滞り契約解除になった時にローン元に保証会社がお金を返済する一連の流れを言います。

 

代位弁済が行われても債務がなくなるのではなく、取り立て元が借入先から保証会社に移るだけです。ですので、返済を続けていくことに変わりはありません。

 

ただ代位弁済は滞納したらすぐに行われるわけではなく、カードローンでは2〜3ヶ月の滞納後に行われます。まだ滞納の状態が浅い時期には催促されて終わるだけですが、その状態を数ヶ月間放っておくと、別な手続きに移行していきます。

 

代位弁済が行われると、当然信用情報機関に履歴が残りますから、別のところで新たにキャッシングをすることは厳しいでしょう。

 

・色々な所で使われる保証会社と代位弁済

保証会社や代位弁済、自分には関係ないと思っていませんか?

 

保証会社は銀行カードローン、銀行の住宅ローン等、賃貸の家を借りる時など様々な部分で利用されます。

 

返済が上手くいかないと代位弁済で契約解除されることになるでしょう。

 

代位弁済を受けると、ブラックに陥るのでその前に滞納を解消しましょう。

 

現在、銀行からお金を借りる時は保証会社・保証協会をつけるのが一般的になりました。

 

代位弁済を受けると信用情報機関に大きな傷を残すので、滞納等は絶対しないでください。