知っておきたい、消費者金融・街金・サラ金・ヤミ金、その違いって何?

 

消費者金融・街金・サラ金・ヤミ金とお金を借りる業者には色々呼び名がありますが、その違いってなんでしょうか。

 

あまり利用しない事かもしれませんし、できれば消費者金融以外は利用しないほうが良いですが、知っておいても損はないかもしれません。

 

消費者金融・街金・サラ金・ヤミ金の違いについて解説します。

 

消費者金融とは

消費者金融とは個人への小口融資を行う貸金業を専業で営む会社全般の事を言います。

 

銀行やクレジットカード会社も小口融資は行っていますが、専業で行っているわけでは無いので消費者金融とは呼びません。

 

消費者金融は当然金融庁の認可を受けた正規業者になります。

 

街金とは

街金について、はっきりとした定義はありませんが、街金とは大手消費者金融の様に全国規模で店舗を持つのではなく、一部の地域だけで営業している中小規模の消費者金融の事をさします。

 

街金も金融庁の認可を受けた正規業者になり、貸金業法をキチンと守っていますので金利は利息制限法通りに設定されています。

 

サラ金とは

サラ金とはサラリーマン金融の略で、意味合いとしては街金と同じ意味合いになります。

 

以前は大手消費者金融も中小消費者金融も自身の事を「サラリーマンの為の金融」でサラ金と名乗っていましたが、サラ金問題を皮切りにこの言葉自体のイメージが悪くなったため、自身の事をサラ金と呼ばず、消費者金融と呼ぶようになりました。

 

現在ではどちらかと言うと『金貸し』の様に、貸金業者を卑下する意味合いで使われるようになっています。

 

サラ金もまた正規業者ですので、当然法律を守る貸金業者になります。

 

闇金とは

貸金業を営む人は金融庁への届け出を行わなければいけませんが、闇金は金融庁への登録を行っていない違法業者のことを言います。

 

金利も利息制限法を守らないし、取り立ても貸金業法を守らず悪質な取り立てを行います。

 

中には完済を行わせないと言った悪質業者もいるため、闇金とは絶対に係らないようにした方がいいでしょう。

 

消費者金融・街金・サラ金・ヤミ金の違いを理解いただけたかと思います。

 

正規業者と非正規業者の違いで考えていくといいでしょう。