プロミスの在籍確認の審査の内容はどんなもの?

プロミスでは在籍確認の審査は必ず行われますが、申込の際に、WEB上で在籍確認の電話を省略してほしいと希望すれば、省略されることも可能になってきています。

 

・ しかし、申込者の属性を信用情報機関で照会した結果、転職が多かったり、入社してから期間が短い場合は退職している可能性も高いので、そういった時は在籍確認の電話確認の必要が生じます。ほとんどの場合は、希望すれば在籍確認の電話を省略してくれるのですが、必ずしも誰もが必ず省略できるというわけではないのです。

 

・ とはいえ、プロミスの在籍確認は担当者の個人名で職場への電話をするだけです。出張や営業などで本人が不在であっても「今だけ留守という事実」が確認できれば、在籍確認審査の目的は達せられるのです。

 

また、もしプロミスが在籍確認の必要があると判断した場合であっても、代替手段で在籍確認の省略は可能です。

 

・ 在籍確認の目的は、申込者が本当にその職場にいるかどうかを確認することです。それがわかればいいので、本人が不在でも「留守だという事実」または「席を外しているという事実」だけで目的は達せられるのです。つまり、何らかの方法で本人が職場で勤めていることが分かればいいのです。

 

・ その手段として以前から使われていたのが勤務先名の入った健康保険証の確認です。健康保険証は、入社とともに渡され、退社とともに回収されます。また、定期的に所持のチェックがされますから、持っているというだけで会社に勤めているということがわかるのです。

 

・ プロミスの在籍確認の審査は、このようにただ単に会社への在籍確認の電話だけではありません。その方法が一番確実ではあるものの、他の方法で代替できればその方法を使うわけです。

 

・ ただし、代替方法として審査に使うかどうかの判断はプロミスなど消費者金融側が行います。自分で健康保険証を出すから会社に電話をしないで欲しいと言っても必ずしも希望通りになるとは限らない点に注意が必要です。それまでの審査の内容によって、条件が変わってきますので、リクエストがそのまま通るというわけではありません。相談というカタチになります。