借入の年利とは?利息を決める大事な「金利」「金額」「期間」について

 

借入の年利って重要な指標になるとされています。

 

知っているようで知らないという方も、お金を借りることができれば良いので、全く把握していないという方も、知っていて損はありません。

 

実際、最終的なコストを決めるのは、「金利」「金額」「期間」です。

 

利息を決める大事な「金利」「金額」「期間」について解説します。

 

・借入の年利とは何?

金利18%という言葉は、年間で18%の利息がかかるという意味合いで使われます。

 

クレジットカードだと月利1.25%とかいった言葉が使われる事が多くなっているでしょう。

 

これは毎月の最終ショッピング残高に対して、1.25は%の手数料をもらいますよといった意味合いで使います。

 

1.25%×12ヶ月=15%ですから、クレジットカードのショッピングも結構金利が高いとわかります。

 

・カードローンの金利計算式は?

カードローンって、借りたり返したりして毎月の残高が一定じゃないからどうやって金利が発生するのか疑問に思いませんか?

 

この計算式は年利を1日に割り込み日割り計算して、1日あたりの発生利息として計算していきます。

 

例えば年利18%のカードローンの場合、18%÷365日は約0.0493%です。

 

今日金額50万円借りたなら、今日発生する利息は246円です。

 

明日、追加で20万円借りると発生利息は345円に変わります。

 

1日1日利息が発生していくので、「金利」が高く「金額」が多く「期間」が長くなればそのぶんだけ支払利息は多くなっていくのです。

 

・金利の安いカードローンを探そう

日々の発生利息は年利によって左右されていきます。

 

そのため、金利は少しでも少なく借りましょう。

 

同じ金額を返済しても、金利が高いと日々発生する利息の差で元本返済が遅れます。

 

年利と「金利」「金額」「期間」は返済計画で重要です。

 

カードローンを検討する時に、比較して申し込みを行いましょう。