プロミスのカードローンお試し審査は信用していいの?

 

カードローンでも大手消費者金融がホームページなどで公開しているのが、お試し審査と呼ばれるサービスです。

 

この審査の精度や信用度などは会社によって異なりますが、あくまでも「おためし」という事で完全に信用できるというわけではありません。

 

そもそもお試し審査とは、ホームページ上で年齢と現在の収入、あと他社からの借入額などごく一部の情報を記入することで簡易的な審査を行い、合否の目安を示すというものです。

 

入力するべき項目は3つだけと少なく、しかも個人を特定できる個人情報は入力する必要がないのであくまでも簡易的な審査と考えるのが良いでしょう。審査というより診断です。

 

このお試し審査自体には利用条件などなく、利用を検討しているというだけの人でも使うことができます。申込み前に行えるサービスです。

 

これを実際に利用してみると、一応の結果は表記されるのですがだいぶ緩めの審査結果になることが多いです。

 

診断結果はほとんどの方は借りれるという診断になると思いますので、そのまま本審査に向かう流れになります。

 

そもそも、年収など少しの情報を元に行う簡易的な審査なので精度に問題があるのは仕方ないのですが、それでも「総量規制の点から問題があるか(年収の三分の二まで借りていないか)」だけを見ていると思われる物や、どのような情報を記入しても「念のためにご一報を」と宣伝に落とし込む物など明らかに顧客を集めるための道具として提供しているものが多くあります。

 

それでも総量規制や年齢などの面で明らかに無理と言う場合は難しいとでるところが多いので、ある程度の目安にはなるといえます。ただ目安以上の物にはならず、正確さや信用度にはかなり難があると理解し実際の結果とは違う物が出ても納得するようにしておきましょう。