連帯債務者と連帯保証人では何がどう異なるのでしょうか?

 

連帯債務者と連帯保証人、どんな違いがあるのかよくわからないところです。

 

とはいえ、利用する上で知っておいたほうが得な場合もあります。

 

イマイチわからない連帯債務者と連帯保証人の違い、すっきりするように解説します。

 

・連帯債務者と連帯保証人に付く「連帯」とは

連帯債務者と連帯保証人に付く連帯とはなんでしょうか。

 

連帯を簡単に言うと、「借りた人と同じ責任が発生する」という事になります。

 

連帯保証人になったら、その債務の支払いが滞ると、債務者に代わって一括返済しなければいけません。

 

契約全てを保証しているので、分割にする事も、債務者に返してくれという事もできません。

 

・連帯債務者と連帯保証人の違い

連帯保証人は債務を保証する事をいいます。

 

保証人の責任をより強くしたのが連帯保証人です。

 

もし保証した人が一回でも返済の約束を守らなかった時は、その契約を引き継ぎ、債務を一括返済しなくてはいけません。

 

一方で連帯債務者は、一緒に借りると言った意味合いです。

 

住宅ローンなどを組むときに、連帯債務者として配偶者を求める事が良くあります。

 

連帯して借りている事になりますので、より責任の所在は明確です。

 

・連帯債務者も連帯保証人も安易になってはダメ

連帯債務者、連帯保証人両方とも決して安易に引き受けたりしてはいけません。

 

連帯と名がつく限り、あなたが借りているのと同じです。

 

昔の知人、友人から安易に連帯保証人、連帯債務者になって欲しいと言われた時は要注意です。

 

連帯債務者、そして連帯保証人両方とも身内以外はならない方がいいでしょう。もちろん身内でもかなりリスクはあります。

 

もしなる時は、お金を捨ててもいいと思う人、もしくは捨てても良いと思うくらいお金を持っている人だけでなるようにして下さい。