カードローンを利用している実際の人口はどのくらいいるの?

 

『カードローンを利用するなんて、自分は駄目人間』と嘆いていませんか。

 

カードローンを実際に利用している人口は思っている以上に結構多かったりします。

 

とはいえ、カードローンを利用しているすべての人が自己嫌悪に苛まれながら利用しているわけではないですが、上手に利用している方も多いです。

 

カードローン利用者の実際の人口について解説します。

 

・カードローン利用者の実際の人口は?

カードローンのリピートなど定期的に利用している実際の人口は、全体の28%、約3割です。

 

7割の人はキャッシングすらした事がないのですね。

 

定期的という条件が付きますので、今まで一度でもカードローンを利用した事のある人の割合はもっと多くなりそうです。

 

・カードローンを実際に利用している一番多い年収層

何となく『カードローンは低所得者層が利用する』って思っていませんか?

 

カードローンで一番利用者数が多い層は、『世帯年収800万円以上1000万円未満』の32%、2番目に多いのが『世帯年収1000万円以上』の30%です。

 

世帯年収の400万円未満の層は23%と意外に低かったりします。

 

・何で金持ちなのにカードローンを利用するの?

世帯年収が高い方がカードローン利用者は多い理由は、世帯年収が高い方が自分の小遣いとしてカードローンから借りる為と言われています。

 

世帯年収が高くなると、夫婦別財布で家族にバレにくいという点もあげられるでしょう。

 

更にゴルフやお酒などの付き合いや、子供の教育費が高騰化するのも世帯年収が高い人たちの特徴です。

 

世帯年収が低い人たちのカードローン利用は意外に少なかったりします。

 

年収が少ないと審査に通りにくいし、適切に生きていくようですね。

 

カードローン利用者は結構いるので、気にしないで借りましょう。