プロミス利用者の年代や利用金額そして利用期間などカードローン・キャッシング事情

 

プロミス利用者の年代、利用金額、利用期間などのカードローン・キャッシング事情は気になったりしませんか。

 

ご自身がはじめて利用されるプロミスはどんな方が利用しているのか。どの世代が多いのか。それを知ることで少しでも安心して利用できるといいですね。

 

プロミスのカードローン・キャッシング事情について解説します。

 

プロミス利用者の年代

プロミス利用者の年代は、男性の場合20〜29才 が12.4 %、30〜39才 19.7%、40〜49才が19.2 %、50〜59才が12.6%、60才以上が9.5%になっています。

 

他の大手消費者金融と比べて、29歳以下の割合が低く40代の割合が高い点に特徴があります。

 

プロミスの利用金額

プロミスの利用金額は、10万円以下が17.3%、10万円超30万円以下 が22.9 %、30万円超

 

50万円以下が29.2%、50万円超100万円以下が16.5%、100万円超が14.0%となっています。

 

他の消費者金融と比べ100万円超の利用者が多く、1人に対して大きな金額を貸し出す傾向がプロミスには見られます。

 

プロミスの利用期間

プロミス利用者の平均利用期間は他の消費者金融と同じくらいの利用期間といったデータがある様です。

 

これは若い人や年齢の高い人がバランスよく口座開設を行なっている為、そこまで利用期間に影が出てこない事が影響しているようです。

 

プロミスはデータから見ると、若い人向けというよりは30代以上の利用者が多く利用しています。

 

審査通過率も他の消費者金融より厳しめになっていることもあり、若い人よりはある程度年齢が高い人を利用者として好む様です。

 

その代わり100万円超の借入をしている割合が最も高く、信用状態がいい人に対しては積極的に貸し出しを行う傾向がデータから見てとれます。

 

やはり勤続年数は重要です。長く勤めている方はそれだけ増額の話もあったということです。高額融資を受けられる方は、それなりに信頼度が高いといえます。

 

審査に自信がある人はプロミスを利用してみるといいでしょう。

 

基本的には過去に金融トラブルがなくて、普通に働いている方であれば問題なく審査には通るのではないでしょうか。