カードローン審査で利用されるスコアリングって?属性モデル象について

 

カードローン審査で利用されるスコアリング、審査ではこのスコアリングが最も重要なものとされています。

 

カードローンに申し込む前からナーバスになってしまうのは審査が始まる前から審査に落ちてしまうことを考えるからです。審査の内容というのは教えてもらえるものでは決してありません。しかし審査の基準となるものは必ずあります。その基準がなにかわかれば事前に対策を練る事が可能になります。

 

カードローン審査で利用されるスコアリングと属性モデル像について解説します。

スコアリングと属性モデル像の違いとは

カードローン審査を行っている事業者は、属性ポイント制と属性モデル像制の2つの方式のいずれかをとるようにしています。

 

スコアリング審査は属性ポイント制になり、この方式では属性に対してポイントを与え、加減することにより審査を行います。

 

対して属性モデル像制は、借入者のデータをたくさん集めデータ群を作り、申込者は申込者に似た状況になるであろうと予測し審査を行う方式です。

 

カードローン審査ではスコアリング審査の方が一般的です。

スコアリング審査と属性モデル像制どちらの方が審査に通りやすい

たまに耳にするスコアリング審査、そして属性モデル像制、どちらの方が審査に通りやすいか気になるところだと思います。

 

結論を言うと、どちらでも大差はないとされています。

 

スコアリング審査の点数はカードローン事業者によって敷居の高さは違いますし、属性モデル像制もサンプルデータの違いによって審査の敷居は変わります。

 

どちらでも変わりませんので、先ずは信用状態を良くすることを考えますしょう。

 

カードローン審査はスコアリング、属性ポイント制を気にするよりも、より通りやすい事業者を探す事が重要です。

 

大手のカードローン事業者に落ちた場合は中小のカードローン事業者を見直してみてください。ただし、一度に複数の金融業者に同時に申し込みをすると多重申込みとして信用情報機関に履歴が残ります。そうすると新規の申し込みが出来なくなる場合があります。申込みが出来ないと感じた場合は信用情報機関のCICやJICCに問い合わせてみるのが良いでしょう。