社内ブラックがあるって本当?

 
どんな事に気を付ければいい?

社内ブラックと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

あらゆる金融業者が審査の際に個人情報を取り出す【信用情報機関】での情報は問題ないとしても、ある金融機関だけ審査に通らない自社情報にNG情報が記載されている事を社内ブラックと呼びます。

 

社内ブラックと、社内ブラックにならない為にはどうすればいいかについて解説します。

・社内ブラックに入っていると、その金融機関の審査に通らない

例えば自己破産をした場合について考えてみましょう。

 

自己破産をした場合、5年間経てば信用情報機関の情報は消えます。(破産の状況によっては10年という場合も。)

 

ただし、自己破産をした時の相手の金融機関には、貴方の名前と生年月日と履歴は記録させています。

 

名前と生年月日が社内情報にブラック情報として記録されていると、その会社の審査は難しくなります。自己破産となると悪質な場合もあるので、そういう利用者として情報は記録しているようです。

 

このように社内ブラック情報と言うのは、他の会社には共有されておらず、その会社独自で把握しているブラック情報の事を言います。

・社内ブラックに登録されない方法

社内ブラック情報はそれぞれの会社で扱いが違います。

 

厳格な管理を行っている所は、2回滞納した程度で要注意顧客として社内情報に記録するところもあります。

 

暴力団関係者と思われていても、社内情報にブラックリストと記録されるでしょう。

 

社内ブラックに載らない為には、キチンと返済を行う、疑わしい行動は行わないなど気を付けるようにしてください。

 

社内ブラックに載った時は、何故落ちるのかと尋ねても時間の無駄になります。

 

そういう時は、別の金融機関に申し込みを行うようにして下さい。