カードローンの審査に落ちてしまう理由と審査に通るための方法とは?

 

カードローン審査に落ちてしまうショックは計り知れません。

 

ただお金を借りることができなかったという事実だけではなく、自分の信用が無いんだということを思い知らされてしまったことへのショックが大きいのではないでしょうか。

 

カードローン審査に落ちてしまうのには必ず理由が存在します。その理由は解決方法を使うことによって、解決する事が可能です。

 

そしてまずは自分の信用度がどのくらいなのかを知ることも大事です。

 

カードローン審査に通らない理由と、カードローン審査に通るための解決方法について解説します。

 

・審査に通らない理由1 借入先件数が多い

審査に通らない理由ナンバーワンは借入先件数の多さです。

 

借入先件数は借入総額より足を引っ張ります。

 

使っていないカードローンも借入先件数としてカウントされる事も。

 

少ない額の借入先件数を完済する、使っていないカードを解約するなどして件数を減らしましょう。

 

件数は2件以内にしておくだけでも、審査に通るようになります。

 

・審査に通らない理由2信用情報が汚れている

延滞、長期延滞などしてしまうと信用情報機関に登録されているあなたの情報は汚れます。

 

この状態では審査に通らなくなるのです。

 

5年程度すれば、情報が消えますのでそこまで待つといいでしょう。

 

・審査に通らない理由3 単純に返済力不足

年収が少ない、借入額が多い時は審査に通らなくなります。

 

プロの目から見て返済できないという事ですから、この場合は借入を我慢しましょう。

 

これ以上借りてしまうと、債務超過に陥ってしまう可能性があります。

 

基本的には収入が少ないとしてもカードローンの借り入れは可能です。しかしすでに他での借り入れがある場合は総量規制という理由により新規申込みは難しいでしょう。

 

審査に通らない理由はある程度決まっています。

 

簡単に解決できないものもありますが、対策をとれば解決できる事も。

 

仕組みをよく理解して、審査に通って下さい。