カードローン審査落ちたら?連絡は電話?メール?その詳しい内容は?

 
カードローン審査に落ちた場合の連絡方法について気になりませんか?

 

審査に通るのか、それとも落ちるのか、申込んでみないとわかりませんが、審査に通った場合はそのまま契約となり、その連絡も嬉しいと思いますが、落ちた場合はそれっきりなので、早く次の申込みなどに移行したいと思うでしょうから、あっさりしたもので良いと思うのですが。

 

カードローン審査で落ちた場合の連絡が電話なのかメールなのか、詳しい内容について解説していきます。

 

審査落ちの場合はメールが多い

消費者金融のカードローン申し込みで審査に落ちた場合はメールで連絡が来ることが多くなります。

 

文面は『誠に残念ながら』といった悲しい文面になる事が多いようです。

 

このメールが届いた場合は残念だったと諦めるようにしましょう。

 

迷惑メール設定になっていると審査落ちのメールも弾かれてしまいますので、確認を行った方がいいでしょう。

 

電話連絡の場合もありますが、その際も同じように「残念ですが・・・」となるでしょう。

 

連絡が来ないという事はない

メールでも電話でも連絡が来ないので、審査落ちしてしまったのかなと諦める事もありますが、審査落ちをした場合は殆どのカードローン事業者で必ず連絡をするようになっています。

 

連絡が来ないときは繁忙期で審査時間が長引いている、夜間深夜に申し込みをして翌営業日に回された、土日祝日に対応していないで休み明けに回されているなどといった原因が考えられます。

 

審査結果のメールや電話両方来ないときは問い合わせや調べてみるといいでしょう。

 

急いでいる時は消費者金融のカードローンがおすすめ

銀行カードローンの審査は時間がかかる事が多く、結果が出るまで場合によっては1週間程度時間がかかってしまう事があります。

 

急いで審査結果を知りたい、融資を受けたいのであれば銀行カードローンではなく消費者金融カードローンに申し込む事をお勧めします。

 

審査結果もスピーディーに出ますし、審査内容も銀行カードローンとは基準が異なる部分もあるのでスムーズになっていルノではないかと思われます。

 

審査落ちの結果はメールで来ることが多くなります。もちろん電話連絡での場合もあります。

 

もし来ないときは迷惑メール設定になっていないか、確かめるようにするか、担当者にこちらから問い合わせてみても問題ありません。