失業保険中や就職内定してる期間のカードローン審査について

 

失業保険中、就職内定している期間ってお金が必要になりますよね。

 

失業保険中も就職内定中も共に収入は入ってこないし、時間があるので遊びでお金を使います。

 

そんな時頼りたいのがカードローンですが、失業保険中、就職内定中共に審査に通りにくいといった噂を聞くでしょう。

 

失業保険中、就職内定中のカードローン審査について解説します。

 

・失業保険中、就職内定中はカードローン審査に通りにくい

就職内定中はまず、まだ働いていないので収入がありません。

 

収入がない人に貸しても貸し倒れるだけですので、審査には通りにくくなるのです。

 

更に就職内定中の状態では、在籍確認も出来ません。

 

失業保険中も失業保険は収入とみなされないので、同じく審査に通りにくくなります。

 

・失業保険中と就職内定中の総量規制の関係

失業保険中は年収にカウントされませんので、総量規制の上では貸し出せる枠はゼロということになります。

 

就職内定中も同じく、収入がない状態ですので、総量規制の関係で貸し出しは行ってくれないでしょう。

 

総量規制が関係ない銀行カードローンに頼りたいところですが、銀行カードローンも自主規制でそんなに貸してくれません。

 

・失業保険中、就職内定中はクレジットカードを見直してみる

社会人時代に作ったクレジットカードを持っているなら、そのクレジットカードにキャッシング機能が付いていないか見直してみましょう。

 

通常、職を離れた事を正直にいう人も少ないと思いますので、キャッシング枠は生きている可能性があります。

 

キャッシング枠が生きていたら、計画的に大切に使って急場をしのぎましょう。

 

失業保険中、就職内定中はカードローン審査に通ることは難しくなります。無職扱いになります。

 

既存に持っているカードを整理して何とか出来ないか見直すといいでしょう。