知っておきたい相続税対策!いざという時に損をしない対策

 

高齢化社会の日本で、相続税対策はこれから重要になっていきます。

 

実はとても難しくデリケートな問題なのに無関心という方は少なくありません。ご自分の親がいつまでも元気でいるわけではありません。

 

いざと言う時に損をしない相続税対策について解説します。

 

・生前贈与が有効

相続税対策で有効なのは生前贈与です。

 

生前贈与とは、対象者が生前の内に資産を贈与してもらう相続制対策です。

 

この方法で有れば、相続税ではなく贈与税に代わり、贈与税は110万円までの贈与が非課税になっている為節税することが可能です。

 

相続したい資産が多い人は数年かけて贈与を行うようにするといいでしょう。

 

・相続時精算課税制度と配偶者控除もお勧め

贈与をするものと受贈をするものが親族に制限されますが、相続時精算課税制度と配偶者控除も相続税対策には有効です。

 

相続時精算課税制度の非課税限度額は2500万円、配偶者控除の非課税限度額は2000万円とどちらも大きな金額で節税を行う事が出来ます。

 

住宅などの現金とは違うものも相続できますので、相続税対策には大きな効果を発揮します。

 

・住宅を建てる時や子育て資金にも

受贈者が住宅を建てる、子育て資金を必要としているなど特殊な状況下にある時、贈与者が贈与を行う事により相続税対策を行う事が出来ます。

 

まとまった資金を使う時には生前贈与が出来ないか、考えてみるといいでしょう。

 

相続税対策は贈与者が死亡してからでは遅くなります。

 

将来のことをよく話し合い、先回りして対策をとるようにして下さい。