プロミスの在籍確認の書類は何を用意すればいい?

 

プロミスでもその他の消費者金融はどこであっても、原則的に在籍確認は電話で行われるので、何らかの事情かプロミス側が特別に対応していなければ書類の提出で代用できないので、ここではその点について解説していきます。

在籍確認は原則電話

多くの企業で行う在籍確認は原則電話で行われます。

 

これは在籍する企業に対して電話を行い、在籍の有無のみを確認する形をとるので企業側にばれることは基本ありませんし会社名が出ることもありません。

 

ただし、書類提出については公式には認めず「原則的に電話で確認する」という企業が多いです。

 

例外的に書類で対応するというイメージ

最近は「プライバシー保護の観点から外部からの電話や在籍確認を受け付けない」という事を明確に打ち出している会社も増えてきました。

 

こういった場合は企業によって対応が異なりますが、会社が発行する在籍証明書や社員証、もしくは保険証の提出などで在籍確認とするという流れになります。

 

このように「在籍確認が何らかの理由できない」と言った場合は書類の提出となっていきます。

 

他にも私用電話が不都合である場合など、職場の環境により精神的負担がかかるようなケースであれば、プロミス担当者に気軽に相談すれば大丈夫です。

 

中には保険証などの提出を認めるケースや金融も。

基本的には在籍確認は電話ですが、一部の会社で「電話確認なし」を売りにしていることがあります。

 

その場合保険証の提出のほか、特定銀行の口座、社員証などの提出を求められます。

 

ただしこれらはあくまでも特殊な例であり、在籍確認は電話で行うほうがほとんどです。

 

その理由は消費者金融からの確認電話は原則として消費者金融を名乗ることはなく担当者の個人名でかけてきてくれます。お客様への守秘義務があるので、そこあたりは周囲にバレないように配慮してくれます。