プロミスの在籍確認の電話では何に気をつけるべき?

 

プロミスでもその他の消費者金融はどこであっても、原則的に在籍確認は電話で行われます。

 

その理由は、働いていて、安定した収入が今現在あることを確認するための審査になるので、重要なのです。

 

収入がなくては、月々の返済は出来ないと判断され、カードローンを利用する事はできません。

 

プロミスでお金を借りる事はできないという事になります。

 

在籍確認は原則電話

多くの企業で行う在籍確認は原則電話で行われます。

 

これは在籍する企業に対して電話を行い、在籍の有無のみを確認する形をとるので同じ企業の同僚や上司などにバレることは基本ありませんし、電話をかけてくる際にはプロミスなど消費者金融名を出すこともありません。

 

電話での確認をする場合は原則的に担当者の個人名でかけてくるようになっていますので安心です。

 

例外的に電話以外の方法を望む場合

在籍確認審査におけるネックとしては、最近「プライバシー保護の観点から外部からの電話を受け付けない」という事を明確に打ち出している職場もいくつかあるようです。

 

また、人数が少ない職場で、外部からの電話が普段かかって来ないような方への在籍確認の電話連絡は、明らかにバレてしまうと危惧しているような事情もあります。

 

私用電話が不都合な職場は少なくありません。外部からのやり取りは会社から与えられた携帯電話にかかってくる事がほとんどだということも難しい問題です。

 

多種多様な職場の環境にはそれぞれの事情があります。お金を借りたいけれど審査のことを考えると精神的負担に繋がってしまい、申し込む事ができないという方も少なからずいらっしゃいます。

 

このように「在籍確認の電話連絡が何らかの理由できない」と言った場合はプロミスの担当者に相談するのが良い方法です。

 

ではどのタイミングで担当者に相談するのが良いか?

早い段階で相談することを勧めます。

 

その理由は、在籍確認の電話を代替案に切り替える事が許されるのは審査内容によるところが大きいからです。

 

審査を始める前に、職場の事情、そして電話確認をなしにしてもらいたい理由を伝える事で、審査を行っている間、契約が可能かどうかだけでなく、電話以外の方法でも在籍確認を行っても大丈夫な人物かどうかも、同時に判断されるからです。

 

ただしこれらはあくまでも特殊な例であり、審査の前に何も言わなければ、ほとんどの場合、通常通りに在籍確認は電話で行います。

 

そして電話以外の代替案というのも、審査内容、そして審査結果を踏まえて、提示されることなので、まずは最初に相談して、審査結果を待つことにするのが良いでしょう。

 

審査結果によっては、残念ながら在籍確認の電話連絡を回避できないこともあるので、その覚悟はしておきましょう。

 

電話連絡が心配な理由

多くの方が先に心配してしまうのが消費者金融からの確認電話によって職場で知られてしまう事です。

 

ですが、原則としてお客様への守秘義務があるので、電話をかけるとしても周囲にバレないように配慮してくれます。

 

消費者金融を名乗ることは決してありませんし、プロミスの担当者の個人名でかけてきてくれるので安心です。

 

審査注意点メモ

審査を始める際に提出すべき書類の注意点

最初に申し込む際に、個人情報や勤務先の情報を入力していきますが、その情報を証明するために書類の提出が必要になります。

 

身分証明書類の提出があります。

 

主に、運転免許証やパスポートなど顔写真のある証明書が必要とされます。

 

それ以外の国民健康保険証や会社が発行する健康保険証など、顔写真がない証明書類の場合は、追加で住民票などの提出が必要になります。

 

提出の方法は、パソコンならスキャンして画像化した後、メールに添付して送る方法になります。

 

スマートフォンの場合は公式のアプリをインストールして、写メした書類の画像をそのまま送れるようになっているのでとても便利です。

 

借り入れ希望金額によっては、収入証明書類の提出も必要になってきます。