他社借り入れあっても借りれるカードローンってあるの?

 

社会問題としてよく「多重債務」が取り上げられますが、これは見方を変えれば「多くの企業は他社の借入があっても貸し付けを行う」ということができます。

 

実際確実に借りられるということはありませんが返済能力に問題がなければ他社借入があるというだけで借入を断るような会社はありません。

 

もちろんプロミスも同じです。

 

既に他の消費者金融で借入していてもプロミスで新たにカードローンをすることは可能です。

返済能力に問題がなければ貸し付ける

上記でも記載したように、殆どの会社では他社からの借入があったとしても、審査の上でまだ返済能力に余裕があると判断されれば貸付が行われます。

 

当然「他社からの借入がある」というのはマイナス要素になりやすいので借入がない状態よりも厳しめの審査になりますが、それでも本人の返済能力に余裕があれば貸し付けても特に問題がないので貸し付けが行われるのです。

総量規制もある

ただそういってもむやみやたらに貸付を行っていると多重債務、そして返済不能で破産者が増えてしまいます。

 

そこで貸金業法にて総量規制が行われており、貸金業からの無担保貸付は「年収の三分の一まで」と決められています。

 

一方で銀行カードローンにはそういった規制がないため、総量規制の抜け道として使われてきた経緯があり貸付額の増加が問題化しました。

 

そのため各種団体や金融庁などが監視の手を強め現在自主規制が行われています。

とはいっても借りすぎ注意

複数の会社から借りられると言っても、自分の返済能力を超えるような借入は返済計画の崩壊と将来的な破産の原因になるだけです。

 

適切な返済計画の上で借入をしすぎないように注意しましょう。