カードローンの使い道は審査に影響する?自由な資金使途とは?

 

カードローンの使い道、本当に自由なのでしょうか。

 

もちろん銀行の大型ローンの場合は最初から使用目的に応じたローンの組み方で金利が安くなるようなものもあります。

 

ですが消費者金融等の場合はどうでしょうか?

 

中には資金使途を申し込み時に入力する金融機関も銀行以外にもあったりします。

 

カードローンの使い道が本当に自由なのかについて解説します。

 

カードローンの使い道は原則自由

カードローンは事業資金とかにしないのであれば、原則使い道に金融機関は関与しません。

 

そのためカードローンの使い道は『自由』と言えるでしょう。

 

金融機関に使用使途を伝える必要もありませんし、明細書等を提出する必要もありません。

 

資金使途を申し込みの時に聞かれたら?

カードローン審査で資金使途を申し込み時に選択する場合があります。

 

この資金使途は審査に直接的な影響はありませんが、『借り換え目的』や『ギャンブル目的』と答えるのはやめたほうがいいでしょう。

 

借り換え目的は自転車操業を連想させますし、ギャンブル目的は不真面目な印象を与えます。

 

その様な場合は、 『その他』を選択して、それらしい目的を記入しましょう。

 

使途自由だと金利が高い

実は『使途自由のカードローン』は金利設定が『目的のあるローン』より高くなります。

 

引っ越し、エステ、家のリフォームなどのきちんとした資金使途があるなら、目的別ローンを選択しましょう。

 

そのほうがリーズナブルな金利で借りることが可能です。

 

カードローンの資金使途は原則自由です。

 

追加での借入や繰り上げ返済も行いやすい手軽なローンになっています。

 

金利をこだわるときは、目的別ローンも検討しましょう。

 

カードローンよりも低い金利でお金を借りる事が可能です。