プロミスの在籍確認なかった?!実際は全員必ず行われていない事もある?

 

プロミスの在籍確認を今か今かと待っていたら、何故か知らないけど審査合格の連絡が。

 

こんな謎の事態がケースによってはあるようです。緊張しながら電話がかかってくるのを待っていたら肩透かしのようであり、安堵の合格通知でもあり。

 

プロミスを含め、多くの金融機関は在籍確認を行いますが、実際は運用をケースに合わせて流動的に行なっています。

 

実は条件が揃えば、お願いしなくても在籍確認の電話連絡がない場合もあるようです。

 

在籍確認が実際は行われなかったケースについて解説します。

 

・プロミスが在籍確認を行う理由は?

プロミスが在籍確認を行う理由は、申込者が反社会的な勢力に属していないかを確認するために行います。

 

貸し倒れを防ぐ目的で行う事もありますが、目的の大部分は法令対応です。

 

既に他の事で在籍確認が済んでいるのであれば、改めて在籍確認を行う必要はないのです。

 

・既に在籍確認が住んでいるケース

例えば直近半年以内で銀行カードローンや消費者金融に申し込んで、審査に通過していて勤務先が変わっていない場合、そこからあえて再び在籍確認を行わない事があります。

 

既に反社会的勢力の一員ではないことがその時点でわかっていますので、効率化のため在籍確認を省くわけです。

 

・在籍確認を行うケースの方が多い

在籍確認を省く事はありますが、基本的には在籍確認は行うのがプロミスのスタンスのようです。

 

不安なようなら、一度プロミスに確認してみるといいでしょう。

 

プロミスでは効率化のために在籍確認を省くケースが偶にあるようです。

 

在籍確認を待っていたのに肩透かしになる事はありますが、他の方法で在籍確認OKとされているだけですので、気にする必要はないでしょう。