プロミスの在籍確認、自営業の場合はどう行われる?

 

プロミスの在籍確認、自営業者の場合は何処に電話をかけてくるのでしょうか。

 

自宅と職場の電話が一体になっている自営業者は多くいると思います。個人事業主もそうですが、固定電話が無かったり、代表自ら電話対応することも少なくありません。

 

プロミスの在籍確認、自営業者の場合どのように行われるかについて解説します。

 

・プロミスの在籍確認、自営業者は電話で確認できない

自営業者は自由に電話を引いたり、外したりすることが可能です。

 

プロミスの在籍確認、自営業者の場合は電話で行ってもあまり意味がありません。

 

自営業者は電話を自由にできますし、教えてもらった電話に本人が出てもその審議を確かめようが無いからです。

 

・自営業者の在籍確認は書類で行う

在籍確認の電話があまり意味のない自営業者ですので、自営業者に融資をする時は書類を入念にチェックして行います。

 

決算資料は勿論ですが、納税証明書や確定申告書をもって在籍確認を行なっていくのです。

 

プロミスの場合、確定申告書を求められる事が多くなりますので、あらかじめ用意して申し込みをしましょう。

 

・何が在籍確認で必要か、プロミスに問い合わせる

在籍確認は人にって、ケースによって異なります。

 

何が在籍確認で必要かはケースによって異なりますので、プロミスに問い合わせをした方が確実です。

 

まずはプロミスに問い合わせをして、必要書類を聞き出してから申し込みましょう

 

・自営業者の在籍確認は必要書類が重要です。
自営業者を何年続けているか、収益が出ているかで必要書類が変わる事があります。

 

先にプロミスに問い合わせてから申し込むようにしてください。